フジワラ産業(大阪市) カナダの下水処理場と取引【海外展示会挑戦記】

▲海外展示会を担当する村田さん(写真左)

フジワラ産業(大阪市)
@WEFTEC(米)

水処理機械を製造するフジワラ産業(大阪市)は、アメリカで開催された水処理技術の展示会「WEFTEC」に2012、2013年連続出展し、カナダ最大の下水処理場と直接取引を始めた。来場した上下水道処理場の担当者は汚泥を確実に除去する技術を求めていた。同社の製品が注目されたのは、初期投資額が少ないこと、省エネ、メンテナンス費用の抑制、取り付け工期が短いことだ。展示模型に関心を持った担当者は後日、日本まで稼働状況を見学に訪れた。

海外市場に目を向けたのは、代理店を通じて販売していた商品が台湾、中国、マレーシアに出荷されていたことを知ったからだ。1回の展示会に1~2人で臨み、100万円程度をかける。


特集【海外展示会挑戦記】はこちら

奥谷金網製作所(兵庫県神戸市) 1年で海外拠点設立【海外展示会挑戦記】

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

  1. ▲ラスベガスに本社を置くMGMリゾーツの日本法人CEOのエド・バワーズ氏は、「日本人の考え方と合わないIRが政府に承認されることはない」と考える

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る