”中小企業 新ものづくり・新サービス展”

全国中小企業団体中央会(東京都中央区)は11月30日~12月2日、ものづくり補助金事業の成果発表とビジネスマッチングを図る展示会『中小企業 新ものづくり・新サービス展』を開催した。3日間で2万5187名が来場した。

同イベントは政府が公募するものづくり補助金を取得した実績のある企業が、その成果を発表する場として、2015年から開催されている。機器製造や食品、ITなど多様な会社が出展しており、昨年開催時には述べ3万人以上が参加している。

出展社と来場者のビジネスマッチングを促進するため、会期前にホームページから会期中のアポイントを取れる仕組みも設けている。出展企業からは「地方の会社でも直接会って商談できる貴重な機会」との感想があがっている。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 満員の会場
ページ上部へ戻る