カテゴリー:コラム

  • カザフスタンと「一帯一路」 大統領の最優先はインフラ整備

    ナザルバエフ大統領が2014年11月に発表した経済政策「ヌルルィ・ジョリ(明るい道)」は、国家基金が有する資金を経済構造を変革する交通やエネルギーなどのインフラ整備に充てるべきと表明したものだ。この経済政策により、中国と…
  • 語る手記(3)

    勝負の世界では、時に敗者が脚光を浴びることがある。人生を賭して挑む姿に、自らを重ねているのかもしれない。歌人の島田修二さんはこう詠む。「肩を落とし/去りゆく選手を/見守りぬ/わが精神の/遠景として」。敗者の心中を察して感…
  • 記者の目(10)

    都議選の勝利が決まった直後、小池都知事は記者会見で「公約に優先順位をつけて実現する」と話した。ゆっくり複数のカメラを見渡して力を込めたのは「優先順位」の部分だ。今後、報道陣が公約の遅れを指摘するたびに、この言葉を聞かされ…
  • 長谷川遼平のイベント取材日記(18)

    朝活上手な起業家たち 「彼は早起きなんですよ。ある時、打ち合わせをしようと言ったら、午前8時からにしようと言われまして…」(一社)日本コングレス・コンベンションビューローの鈴木克明次長がぼやいていた。起業イベント「Sl…
  • カザフスタンと「一帯一路」 中国の存在感 経済で急拡大

    輸出先はトップ 投資も盛ん 当初、ロシアと中国が主導する常設的な地域協力組織、上海協力機構(SCO)は欧米をけん制するための協力機構としてとらえられた。同時に、機構の内部でロシアと中国が中央アジアに対する影響力をめぐっ…
  • 記者の目(9)

    都庁を囲んで行われたデモ行進で「我々は怒っている」というプラカードを数多く見た。要求内容以前に、怒っていることを伝えられないことへの憤りだ。「自分の仕事や生活に直結する話が、行政や業界トップだけが集まる場所で進んでいるが…
  • 長谷川遼平のイベント取材日記(17)

    わらにはすがらない 「わらにもすがる」という言葉が好きになれない。万策尽きてどうにもならなくなったとき、頼りにならないものにすがることを例えて言う言葉だ。 五輪開催で東京ビッグサイトが利用できなくなる問題について…
  • 語る手記(2)

    当時大関だった三重ノ海が、優勝決定戦で横綱・輪島に敗れた。初日に黒星が付いてからは連勝し、10日目には横綱・若乃花にも勝利。14勝1敗同士で臨んだ優勝決定戦には、綱取りの期待が高まっていた。勝負が決した瞬間、悲鳴にも似た…
  • カザフスタンと「一帯一路」

    カザフを横断する習近平の経済構想 中国と接する国境1800キロ 中国が掲げるユーラシアを横断する経済圏構想「一帯一路」に関する国際協力フォーラムが5月14~15日、北京で開催された。5年に一度の共産党大会を控えた習近平…
  • 有形文化財を守る犬~今月の風景~

    クリーム色のタイルが南紀地方の日差しによく映える。2013年に登録有形文化財に指定されたこの建物は、現役で使用される和歌山県庁舎だ。昭和13年に竣工した鉄筋コンクリート4階の建物は、終戦間際に和歌山を襲った爆撃にも耐えた…

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る