カテゴリー:コラム

  • 長谷川遼平のイベント取材日記(6)

    イベント会場はトレンド最前線 「このあいだは、銀座から富士山まで往復で乗せた。金額は16万円。観光客さまさまだね」年末、銀座かいわいで流すタクシー運転手が上機嫌に話した。 当社が居を構える東京都中央区銀座は、…
  • 長谷川遼平のイベント取材日記(5)

    怒れる展示会業界の声の行方 2020年東京五輪・パラリンピックに伴いビッグサイトの展示会使用が制限される問題を取材する中で、業界に滞留する怒りが見えてくる。 『インテリアライフスタイルリビング』に出展するドリ…
  • 長谷川遼平のイベント取材日記(4)

    海外進出は展示会に商機あり 「2020年までに訪日外国人を4000万人に増やす」という日本のインバウンド政策の目標が現実味を帯びてきた。今年度の観光客数はおよそ2700万人を見込んでおり、このままいけばより早期に目…
  • 長谷川遼平のイベント取材日記(3)

    イベントは広告媒体だ さまざまなイベントで企業を見る中で、出展する理由は何かを必ず聞く。6年連続で『賃貸住宅フェア』に出展する、ポータルサイト運営のシースタイル(東京都中央区)の川合大無社長は「1つのイベントに出た…
  • アスタナ万博控えるカザフスタン

    医療・食品・ベビー用品など日本製人気 カザフスタンの首都アスタナで2017年に開催される万国博覧会に、日本は世界に先駆けて参加を表明した。11月6~9日にはナザルバエフ大統領が、官民の代表者126人を引き連れて来日…
  • 長谷川遼平のイベント取材日記(2)

    副社長自ら呼び込み続ける企業 展示会を訪ねると、業種を問わず興味を引く商品に必ず出合う。学生の研究から生まれたロボットや、印刷会社が作ったWebサイト編集アプリなど、既存品にはない魅力が詰まっている。一方で、そうした商…
  • 長谷川遼平のイベント取材日記(1)

    カレーショップCoCo壱番屋に見る衛生へのこだわり 10月14日『フランチャイズEXPO』に参加した。今年は海外からの出展者が増えていた。海外出展者の数だけで言えば、国内最大規模のフランチャイズイベントである、日経新聞…

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る