カテゴリー:コラム

  • 長谷川遼平のイベント取材日記(29)

    展示会産業は未だ創業期 今年1月5日に56歳で独立したというOne&Only Exhibitions(東京都新宿区)の福田悟社長とお会いした。 前職はコングレのグループ会社スペースメディアジャパンの出展営業。…
  • 記者の目(20)

    「ウォシュレットが出たあたりで、これ以上便利にならなくてもいいと思いましたけど」 テレビから聞こえてきた漫才コンビ、ブラックマヨネーズ・吉田敬の言葉に、思わず膝を打った。 「そこまで困ってない」程度の困りごとをこ…
  • 記者の目(19)

    成田佐賀間が片道7370円。春秋航空日本の運賃はLCCの中でも特に安い。だから飛ばない日があっても、目くじら立てる方がおかしいということか。機材トラブルで、立て続けて4日間、しかも前日になり航空会社が出航を取りやめたと知…
  • 語る手記

    語る手記 「まず、自分の中にどういう夢、願望があるのかを発見する」。自身の作品づくりについて聞かれた漫画家、藤子・F・不二雄はそう答えた。次に、それをどうやって解決していこうかと考える。「その結果としてどんな良いこと、…
  • 長谷川遼平のイベント取材日記(28)

    五輪問題、解決の年へ ナイトタイムエコノミーの取材のため、金曜19時に上野の国立西洋美術館を訪れた。 昨年になって来場客増加に向けて週末の営業時間を延長したばかりだが、その数の多さに驚いた。正確に数えたわけではないが…
  • 大阪城で「花見ヨガ」~今月の風景~

    ▲会場となる大阪城公園 大阪城の周囲に広がる公園で、ヨガイベントが開催される。企画したのはブースト(東京都世田谷区)。 会期は3月25日で、城の周囲に植えられた約300本のソメイヨシノなどの桜を鑑賞しながら、…
  • 長谷川遼平のイベント取材日記(27)

    海外若者も「日本企業はブラック」 「日本はブラック企業が多い」というのは、海外にも通じる話になっているのだそうだ。 台湾の外食企業の話である。ジェトロの台湾市場調査員を務める松崎英明さんはこう話す。「労働基準法が…
  • 記者の目(18)

    そこにあったはずの建物が消え、敷地を隠すように囲いが建つと、ニョキニョキと背の高いビルが建つ。編集部のある銀座周辺はホテルの竣工が止まらない。儲かる見込みがあるからから建つのだろうが、客が集まるのかと素人には不安になる。…
  • 記者の目(17)

    フェイクニュースにコロリと騙された。きっかけはイベントを主催した知人が、来場者に向けた乱暴な内容のツイートだった。 案の定ネットニュースに流れて炎上。数日後、関係者に会った。「あんなこと書かなきゃいいのに」と言うと…
  • 語る手記(13)

    「総理には間違ってなるやつはいるが、横綱にそんなのはいなかった。ところがあいつだけは間違ったな」。 政治家の稲葉修にそう評されたのは、優勝経験なく第60代横綱に昇進した双羽黒光司関だ。 「ちゃんこがマズイ」「おか…

全国賃貸住宅新聞社

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る