カテゴリー:学会・会議

  • 「国際会議」経済効果5900億円

    観光庁は4月26日、2015年に日本で開催された国際会議の経済波及効果が5905億円に上るとの調査結果を発表した。同庁が国際会議の主催者や出展者による支出などをまとめた調査を行うのは初。 15年に日本で開催した28…
  • IAPCO総会 25年ぶり日本開催

    ▲年次総会の日本開催を仕掛けたコングレの紫冨田薫常務 会議の専門家 世界から 会議・学会等を運営する企業、PCO(Professional Congress Organaization)の国際的組織IAPCOが、年次…
  • 医師と薬剤師の学会に併設

    日本薬科機器協会(東京都渋谷区)が主催する「日本医療薬学会年会併催薬科機器展示会」は、臨床医や調剤薬局の薬剤師が9000人集まる学術会議に併設された展示会だ。調剤薬局内で使用する薬品梱包や調合に使う機械などが展示される。…
  • マイクロ波の専門家が産業界から集う

    電波や無線に使われるマイクロ波に関わる研究者と技術者の研修会「マイクロウェーブワークショップ」と、関連事業者の展示会「マイクロウェーブ展」が、パシフィコ横浜で開催された。 来場者は、大学や企業の研究員や関連機材の工…
  • 7000人の理系研究者集う

    日本分子生物学会年会 国内の理系研究者が所属するNPO法人日本分子生物学会(東京都)が11月30日~12月2日にパシフィコ横浜で開催した年会に、約7500人の研究者が参加した。 年会で行われるプログラムは、3…
  • 国際会議や学術会議運営を250件受託【コングレ】

    伊勢志摩サミットでも活躍 国際会議運営大手のコングレ(東京都千代田区)は、年商154億円(2016年3月期)の約半分を会議と展示会の運営事業で売り上げた。5月のG7伊勢志摩サミットや、2012年に東京で開催した国際通貨…
  • 国内での国際会議開催 1割増

    全国で2847件 仙台市は141件増 2015年に国内で行われた国際会議の開催件数が、前年に比べ257件増え2847件だったことを日本観光局が発表した。都市別では東京23区の557件が最も多く、福岡市の363件、仙台市…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る